2017年03月24日

実写版「攻殻機動隊」キャスト来日!たけしが荒巻の髪型秘話を明かす

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:27:44.84 ID:CAP_USER.net

士郎正宗「攻殻機動隊」を原作とした実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見が本日3月16日にザ・リッツ・カールトン東京にて行われた。

会場には少佐役のスカーレット・ヨハンソン、荒巻大輔役のビートたけし、バトー役のピルウ・アスベック、オウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ、監督のルパート・サンダースが登場。最初にマイクを握ったヨハンソンは「本作をお披露目する最初の都市に東京はとてもふさわしく、また今とても興奮しています」と、会見後に行われるワールドプレミアに言及する。たけしは「大きなバジェットの本格的なハリウッド映画に出られて自分にとってもいい経験になった。役者という仕事をやるときの振る舞いをスカーレットさんに教えていただいた。素晴らしい映画ができた」と、作品への自信をのぞかせた。

ビノシュが演じたオウレイ博士は、映画のオリジナルキャラクター。「脚本は暗号のようで、挑戦しがいのある難しい役柄でした」と告白。またアスベックは「彼(バトー)はとても愛されているキャラクターで、演じることは怖かった。だけど、素晴らしいチームに支えられ、不安も吹き飛んだ」と微笑んだ。

そしてキャスト陣は東京・歌舞伎町シネシティ広場に移動し、レッドカーペットイベントに参加。日本人キャストの山本花織、泉原豊、福島リラ、桃井かおりも合流し、会場に詰めかけたファンに笑顔を見せる。ヨハンソンは「私たちにとってこの作品は愛の結晶。私たちが楽しく作ったように皆さまにも楽しんでいただけたらうれしい」とアピールした。

たけしは荒巻を演じた感想について「マンガで見た荒巻はきたねえジジイだったんでどうしようかと思ってた。監督とメイクさんと相談してやや恥ずかしくない髪の毛にしてもらった」と独特の表現。そして「物忘れがひどいときにはカンペを持ってもらったんですけど、その相手がスカーレットだったという。歴史に残る快挙を上げたと思っています」と撮影エピソードを披露した。

また桃井も「スカーレットさんと絡んでいるんですけど、芝居をしていると本当にいろんなものを与えてくれる。それだけじゃなくて人間としても、女としても超カッコよくて最高でした。現場にいられて幸せでした」とヨハンソンを称える。その言葉を聞いたヨハンソンが桃井を抱擁すると、会場から大きな拍手が巻き起こった。

4月7日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて公開される「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、近未来を舞台に公安9課とサイバーテロリストの戦いを描くSFアクション。日本語吹き替え版の声優は押井守監督の映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、神山健治監督のテレビアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」と同じく、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一が演じる。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集

※コミックナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集 弐瓶勉インタビュー

http://natalie.mu/comic/news/224922

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集 西川貴教(T.M.Revolution)インタビュー

続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンキーと真面目女子のラブコメ「そうしそうあい」3巻記念でサイン会開催

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:30:03.23 ID:CAP_USER.net

りべるむ「そうしそうあい」3巻が3月27日に発売される。これを記念してりべるむが、4月1日に有隣堂横浜駅西口コミック王国にてサイン会を行う。

有隣堂横浜駅西口コミック王国では、「そうしそうあい」3巻の購入者にサイン会の参加整理券を先着順で配布。予約は明日3月17日より電話でのみ受け付け、店頭受け付けは定員に達しなかった場合のみ翌3月18日より開始する。詳細な参加方法は開催店の告知ページで確認を。

「そうしそうあい」は、金髪ヤンキー男子・そうしと黒髪真面目女子・めぐみという容姿も生きる世界も正反対の2人が恋人同士になるラブコメディ。Webマンガサイトのジーンピクシブにて連載されている。

http://natalie.mu/comic/news/224857


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月23日

ミツバチの羽音と共に幕開ける純愛ストーリー、Championタップ!で開幕

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:31:15.37 ID:CAP_USER.net

阿崎桃子による新連載「ナナ+イチ」が、秋田書店のWebサイト・Championタップ!にて本日3月16日にスタートした。

本作は小さな田舎町を舞台にした純愛ストーリー。寡黙な高校1年生・上野京一は、かつて生まれ育った町へと引っ越してきた。昔と変わらない風景を見た京一は、泣き虫で体の弱い幼馴染・高崎七緒との記憶を思い出す。彼は高校への編入手続きを済ませたあと、学校の中庭でミツバチに驚き、慌てているところをある女の子に目撃される。

http://natalie.mu/comic/news/224871


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「武装少女マキャヴェリズム」PV第2弾公開、放送日時も解禁

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:31:52.12 ID:CAP_USER.net

黒神遊夜・神崎かるな原作によるテレビアニメ「武装少女マキャヴェリズム」のPV第2弾が公開された。

「武装少女マキャヴェリズム」は、武装した女子生徒たちに男子が支配されている学園を舞台にしたバトルアクション。PVには畠中祐演じる納村不道、高田憂希演じる鬼瓦輪、北原沙弥香演じる亀鶴城メアリ、西田望見演じる眠目さとり、日高里菜演じる花酒蕨、日岡なつみ演じる因幡月夜、松井恵理子演じる天羽斬々らが登場し、キャラクターボイスを聴くことができる。

また各局での放送情報も明らかに。4月5日23時からAT-Xでのオンエアを皮切りに、TOKYO MX、KBS京都、テレビ愛知、サンテレビ、TVQ九州放送、BS11で順次放送される。「武装少女マキャヴェリズム」の原作は月刊少年エース(KADOKAWA)にて連載中されており、最新刊となる6巻は3月25日に発売される。

https://www.youtube.com/watch?v=Ghi2R6-HcMA



http://natalie.mu/comic/news/224882


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ごほうびごはん」6巻に特典、一部書店には「30秒で読めるレシピPOP」登場

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:32:32.54 ID:CAP_USER.net

こもとも子「ごほうびごはん」6巻が、本日3月16日に発売された。一部書店では購入者に特典が配布されている。

アニメイトではカラー4コマシート、ゲーマーズとメロンブックスではモノクロ4コマペーパー、とらのあなではカラーイラストカード、WonderGOOではポストカードが付属。そのほか一部の書店では共通の描き下ろしモノクロ4コマペーパーを配布し、一部の電子書店で配信中のものには「こぼれ話カラーカット限定画像」を収録している。詳細な特典リストは、芳文社の公式サイトにて確認を。

「ごほうびごはん」は、週刊漫画TIMES(芳文社)にて連載されているグルメマンガ。地方から上京してきたOLの主人公が、仕事で疲れた自分へのご褒美として美味しいものを食べる様子を描く。なお6巻の発売に合わせ「30秒(で読める)レシピPOP」全2種が制作され、一部書店で展開されている。

http://natalie.mu/comic/news/224848


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月22日

「クズの本懐」桜田通がアニメに、安済知佳がドラマに!キャスト相互出演

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:33:07.68 ID:CAP_USER.net

横槍メンゴ「クズの本懐」の実写ドラマ版で粟屋麦を演じる桜田通がアニメに、アニメ版で安楽岡花火を演じる安済知佳がドラマ版に出演することが決定した。

桜田は3月23日放送のアニメ第11話に倉田織役としてゲスト出演。「演じさせて頂いたキャラクターの感情や心の叫びを、声で表現するということを精一杯やりました。本当に貴重な体験をさせて頂き、嬉しかったです」とコメントを寄せている。一方、安済は3月31日にフジテレビオンデマンドにて先行配信、4月5日に地上波で放送される最終話にゲスト出演。「花火と共演するというのは不思議な感覚でしたが、とても面白かったです」と撮影の感想を語った。

また7月16日に都内近郊にて行われるアニメ「クズの本懐」イベントが、昼の部と夜の部の2回公演に。両公演に安楽岡花火役の安済知佳、粟屋麦役の島崎信長、絵鳩早苗役の戸松遥、鴎端のり子役の井澤詩織、鐘井鳴海役の野島健児、皆川茜役の豊崎愛生が出演する。4月26日発売のBlu-ray / DVD第2巻にイベント優先販売申し込み券が封入されるので、ファンはゲットしておこう。

http://natalie.mu/comic/news/224877


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊が見える生徒会長を描くサイコミステリー「SIX」、週チャンで開幕

1: YG防衛軍 ★ 2017/03/16(木) 23:36:13.84 ID:CAP_USER.net

いなずまたかしによる新連載「SIX」が、本日3月16日発売の週刊少年チャンピオン16号(秋田書店)でスタートした。

「SIX」は、生徒会長・青柳悠を主人公とする心霊サイコミステリー。スマホを見ながら歩いていたことで事故に遭いそうになった少女・柚木を、悠はギリギリのところで助ける。霊が見える悠は、この事故の原因を悪霊だと言い、ある方法で除霊するが……。第1回NEXT CHAMPIONで佳作を受賞した新鋭・いなずまによる連載に注目したい。

http://natalie.mu/comic/news/224844


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発行部数激減の漫画週刊誌、それでも『少年ジャンプ』は別格の存在

1: juggler ★@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 21:22:34.18 ID:CAP_USER9.net

毎年3月17日は『漫画週刊誌の日』です。ご存知でしたか? これは、1959年(昭和34年)のこの日、日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』と『少年サンデー』が発刊されたことを記念に“制定”された日です。

ただし、国や公共団体が正式に制定した記念日ではなく、あくまで業界団体が主導したものであるため、広く知れ渡っているとは言い難いのは事実です。残念ながら今では超マイナーな記念日となっていますが、一昔前には、3月17日にそれなりのイベントが行われていた模様です。
1990年代半ばにかけて黄金時代を迎えた漫画週刊誌

そう言えば最近、電車の中で漫画週刊誌を読んでいる人がめっきり減った印象があります。モバイル文化に精通した若年世代の方々には違和感がないかもしれませんが、40歳代以上の多くの方には頷いていただけるのではないでしょうか。

しかし、今から約20年以上前、具体的には1980年代後半から1990年代半ばにかけて、漫画週刊誌は全盛期を迎えました。

その当時に発売されていた漫画週刊誌は、少女向けや男性向け(注:アダルト雑誌ではない)を含めると、星の数ほどあったと言っても過言ではありません。発売日になると書店の店頭には漫画週刊誌が山積みとなり、すぐに売り切れる状況だったと思われます。

そして、電車の中では、若者に限らずスーツ姿の会社員が漫画週刊誌を読みふけっている光景もめずらしくありませんでした。
空前絶後の発行部数を誇った『少年ジャンプ』、人気4誌の中で際立つ存在に

当時、数多くあった漫画週刊誌の中でも、『少年ジャンプ』(集英社)、『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)、『少年チャンピオン』(秋田書店)の4誌に人気が集まったと筆者は記憶しています(注:雑誌の正式名から「週刊」を省略、以下同)。

その中でも特に、最大の発行部数を記録していたのが『少年ジャンプ』であり、その人気は社会現象になったとも言えるでしょう。その『少年ジャンプ』の発行部数の推移を見てみましょう。
週刊誌の発行部数が653万部、今ではあり得ない数字

『少年ジャンプ』は1968年に創刊されました。その後、当時としてはめずらしかった読者アンケートを重視する編集方針や(評価の低い作品は前倒しで打ち切りなど)、新人作家の積極的起用などにより着実に人気を高めます。

そして、1995年には653万部(3-4合併号)という空前絶後の発行部数を記録しました。念のために言いますが、この653万部は年間の記録ではありません。週刊誌なのでわずか1週間の記録です。この記録はギネスブックにも登録されました(今も記録として残っているかは不明)。
漫画週刊誌の発行部数は壊滅的な激減へ

しかし、“盛者必衰”なのでしょうか、この1995年をピークに発行部数を減らし始めます。2年後の1997年には約400万部(毎週の年間平均、以下同)、2003年には約300万部と減り続け、直近は約200万部に止まっています。ピーク時から20年間で3分の1未満まで減少したことになります。

発行部数が減少したのは他誌も同じです。『少年マガジン』はピーク時の453万部(1995年)が直近は約98万部へ、『少年サンデー』は同じく約228万部(1983年)が約32万部へ、『少年チャンピオン』も250万部(1979年)が21万部へと、各誌とも5分の1から10分の1未満になる壊滅的な激減状態となっています。

特に『少年サンデー』と『少年チャンピオン』の凋落ぶりが著しく、現在では約55万部発行の『ヤングジャンプ』や、約50万部の『ビッグコミックオリジナル』の後塵を拝しているのが現状です。
激減した今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』

こうして見ると、発行部数がピークから3分の1未満に落ち込んだとはいえ、今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』の存在感は圧倒的に大きいようです。“少年ジャンプ、恐るべし”というところでしょうか。

間違いなく、漫画週刊誌の巨人と言えましょう。

漫画週刊誌の発行部数不振の背景には、少子化、ゲーム人気、モバイル普及など、既に言い古された理由が複合的に絡んでいると思われます。もちろん、漫画に飽きたという購読者も少なくないでしょう。しかし、これは時代の流れだから仕方のないことです。


続きを読む
posted by まだおっち at 16:03 | Comment(0) | 少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする