2018年08月19日

【有害図書指定問題】エロ(性表現)「研究」書も有害図書? 滋賀県など指定に疑問の声

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 12:07:48.82 ID:CAP_USER.net

性表現を巡る「研究」書が「青少年の健全な育成を阻害するおそれがある」として、滋賀県と北海道から有害図書指定を受け、論議を呼んでいる。指定された書籍は18歳未満への販売が禁止され、書店の陳列で一般書籍と区別される。市民団体は「行き過ぎた措置」と反発している。制度に詳しい法学者は、指定基準の曖昧さを問題点に挙げる。

 滋賀県が指定したのは「全国版あの日のエロ本自販機探訪記」(双葉社)。消えゆくエロ本自動販売機の現存例を豊富なカラー写真で紹介し、エロ本自販機の歴史や探し方のこつも解説している。北海道が指定した「エロマンガ表現史」(太田出版)は漫画における性表現の移り変わりを多数の図版とともにたどる。どちらも青少年健全育成条例に基づき、外部の委員による審議会での審査を経て「著しく青少年の性的感情を刺激する」などとして、今年3月に決定した。

 滋賀県によるとエロ本自販機は2003年に県内47カ所にあったが「青少年の健全育成」のために撤去活動に取り組み、11年にゼロになったという。県は審議会に諮った理由を「有害図書の購入につながる」(子ども・青少年局)とする。

 表現の自由を守る活動に取り組むNPO法人「うぐいすリボン」(静岡県)は、この問題を考える講演会を6月末に京都市内で開いた。荻野幸太郎代表は今回指定を受けた書籍について「これまで指定を受けてきた本とは異なる内容の研究書」と疑問視する。有害図書指定で図書館や市民講座で扱われにくくなる可能性もあるという。

 滋賀県が指定した「探訪記」の著者、黒沢哲哉さん(60)は集会で戸惑いを口にした。「エロ本自販機はインターネットの普及でどんどん減っている。誰にも顧みられずに忘れられていく存在を記録にとどめるのは今しかないと思った」

 今回の指定について、集会で論点を解説した京都大の曽我部真裕教授(憲法)は「『著しく青少年の性的感情を刺激する』という指定基準が曖昧。未成年の知る権利が阻害されることとの兼ね合いとともに、制度の在り方を議論する必要がある」と指摘した。

■有害図書類 都道府県の知事が18歳未満に対する販売・貸与・閲覧を禁じる。対象は書籍、雑誌のほか、ビデオテープなど電磁的方法による記録媒体も含まれる。違反した場合は30万円以下の罰金が課せられる。1950〜80年代に、青少年の健全育成をうたった条例が全国でつくられ、導入された。

https://www.kyoto-np.co.jp/picture/2018/07/20180722192628ero450.jpg
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180722000087


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶版本、コピーしてネットにあげて赤松健さんらと中堅出版社呼びかけ「マンガ図書館Z」

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 11:53:44.88 ID:CAP_USER.net

手持ちの絶版本をスキャンしてネットに上げて――。漫画家の赤松健さん(50)が中堅出版の実業之日本社(東京)と1日、こんな呼びかけを始めた。誰でも無料で絶版本を読めるようにして、広告収入を作者と出版社、投稿した人で分け合おうとの試みだ。

 対象は、同社が2000年以前に出版したが今は絶版となっていて、電子化されていない8871冊。文芸作品が多く、漫画もある。これらの本をスキャンした上で、赤松さんらが運営しているサイト「マンガ図書館Z」に投稿してもらい、広く一般に公開する。

 閲覧数に応じて手元に入る広告収入は、作者8割、同社と投稿者で1割ずつ分配する予定。出版社は費用をかけずにたくさんの本を電子化することができ、作者は、印税が入らなくなっていた本で新たな収入が得られるメリットがある。1日の会見で赤松さんは「作者の許可がなければ公開しないので、(著作権上の問題はなく)完全に合法な仕組み」と説明した。1年間の実証実験とし、参加する出版社を増やしたいという。

 赤松さんは、マンガの海賊版サイトが社会問題となるほど人気を得たことに着目。「読む人が増えたのだから、この機会にその層を正しくマネタイズ(収益事業化)すべきだ」と話した。(上田真由美)

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180801005414_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180801005280_comm.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL815D25L81UCVL015.html


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本郵政が出展「ポプテピピック」切手セットを販売

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 11:26:45.36 ID:CAP_USER.net

日本郵政は、10日から12日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される日本最大級の同人誌即売会「コミックマーケット94」に出展する。今年アニメ化され話題となった「ポプテピピック」のフレーム切手セットや、ダンボール箱などを販売する。

 販売するのは、オリジナルフレーム切手セット(A、B)▽ダンボール(大、小)▽キャンバスショルダートート(缶バッジ2個付き)▽陶器マグカップ バイカラーなど。

 また、会場内にゆうパックの臨時引き受けブースも開設、包装資材の販売も行う。

http://img.topics.smt.news.goo.ne.jp/picture/mainichi/m_mainichi-20180804k0000m040065000c.jpg
http://mainichi.jp/articles/20180804/k00/00m/040/065000c


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月18日

え、改札にハマるゴン太くん? 名古屋コスプレサミット

1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/08/05(日) 19:34:00.52 ID:CAP_USER.net

2018年8月5日14時12分
自動改札機を通過できず、立ち往生する着ぐるみのコスプレイヤーも。すぐさま駅員が笑顔で対応していた=2018年8月4日午前、名古屋市中区の市営地下鉄栄駅、川津陽一撮影
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180804002067_comm.jpg


 猛暑のなか、アニメやゲームの登場人物などに扮した「コスプレイヤー」が国内外から集まる「世界コスプレサミット」が、名古屋市を中心に5日まで開かれている。
今年は扮装したまま地下鉄を利用できると公式サイトに初めて記載されたため、参加者が地下鉄で移動する珍しい姿が見られた。


→コスプレ姿で地下鉄どうぞ 名古屋の「世界サミット」


 サミットは16回目。チャンピオンシップには36の国・地域の予選を勝ち抜いた72人が参加する。4日、名古屋市営地下鉄の栄駅では、NHKの子ども番組「できるかな」で人気を集めたゴン太くんなど、キャラクターになりきった参加者が行き交った。


駅の構内を歩いてホームに向かうコスプレイヤーたち=2018年8月4日午前、名古屋市中区の市営地下鉄栄駅、川津陽一撮影
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180804002076_comm.jpg


 他のコスプレイベントは会場で着替えることを規則にしているか、参加者が自主的に会場での着用に限っている場合が多い。主催の実行委員会に市が入ったことで、地下鉄の利用推進ができるようになった。


駅の構内を歩くコスプレイヤーたち=2018年8月4日午前、名古屋市中区の市営地下鉄栄駅、川津陽一撮影
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180804002114_comm.jpg

駅の構内を歩いてホームに向かうコスプレイヤーたち=2018年8月4日午前、名古屋市中区の市営地下鉄栄駅、川津陽一撮影
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180804002084_comm.jpg

https://www.asahi.com/amp/articles/ASL844GHPL84OIPE00N.html


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知商、まんがで頂点 まんが甲子園 決勝のテーマは「永久機関」

1: しじみ ★ 2018/08/06(月) 14:21:21.10 ID:CAP_USER.net

第27回全国高校漫画選手権大会「まんが甲子園」(県など主催)の決勝が5日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで開かれ、最優秀賞に高知商業が選ばれた。

 決勝のテーマは「永久機関」。高知商業は猫、ワシ、カニがじゃんけんを続け、あいこが続く発電機を描いた。県内からは、土佐女子が三菱電機賞、高知工業はまんが王国土佐・推進協議会会長賞に選ばれた。

 来年3月開催の「世界まんがセンバツ」のテーマは、高校生部門が「変身(Transformation)」、フリー部門が「発見(Discovery)」と発表された。

■最優秀賞に選ばれた高知商業の作品
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180805002221_comm.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL853CYDL85PLPB003.html


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講談社とピクシブ、マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」正式版をリリース!

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 11:43:00.72 ID:CAP_USER.net

無料マンガアプリPalcyは、講談社とピクシブが企画・開発・運営を共同で取り組んでいるサービスです。Palcyは2018年3月15日にプレリリース版を公開していましたが、正式版ではユーザーのアクションに応じて『エール』というポイントを付与する新機能を実装しました。

読者は、マンガアプリに欠かせない「読む」「コメントする」「シェアする」等のアクションによってエールをためることができ、エール数に応じてPalcy限定の特別キャンペーンに参加することが可能となります。著者サイン入りイラストカードの複製原画プレゼントや、限定イベントの開催など、 独自の企画を実施していく予定です。

また、このエールが作家の創作意欲の励みになることも目的としています。

さらに正式版リリースに併せ、本日より8月15日まで「ログインボーナス10倍キャンペーン」を開催します。Palcyでは、ログイン時にもらえるチケットを使って、無料でエピソードを読むことができます(一部エピソード除く)。キャンペーン期間中は、毎日ログインする合計240枚のボーナスチケットを獲得できます。

Palcyは「次世代のヒット作にいち早く出会いたい」「映像化直前の作品をチェックしたい」「今さら読んでいないとは言えないあの名作を一気に読みたい」という読者のニーズに応え、多種多様なジャンルの作品をラインナップに加えました。
また、全ての作品の1話あたりを2分以内で読める長さに揃えることで、読者の「ふとした瞬間に漫画を読みたい」気持ちに応えます。

講談社とピクシブは、Palcyで『マンガを読む』という行動を通して、読者にそれ以上の体験を得てもらうことを目指しています。

◆作品ラインナップ(一部)
<Palcy限定連載作品>
『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』(松本ひで吉)
『極妻デイズ〜極道三兄弟にせまられてます〜』(長谷垣なるみ)
『目黒さんは初めてじゃない』(9℃)
『桜色キスホリック』(キリシマソウ)
『隣の席のヤツが死ぬらしい』(茅なや)
『微熱男子のおおせのまま』(雪森さくら)
『佐伯さんは眠ってる』(春原ロビンソン・小菊路よう)

<全話開放>
◎8/1〜15
『宇宙兄弟』(小山宙哉)
『透明なゆりかご』(沖田×華)
◎8/16〜31
『エリアの騎士』(月山可也・伊賀大晃)
『L・DK』(渡辺あゆ)

<毎日更新>
『青夏 Ao-Natsu』(南波あつこ)
『はねバド!』(濱田浩輔)
『寄生獣』(岩明均)
『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』(三田紀房)
『放課後カルテ』(日生マユ)

<ほか人気作品>
『青葉くんに聞きたいこと』(遠山えま)
『ましろのおと』(羅川真里茂)
『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(絵本奈央・岡田麿里)
『ボールルームへようこそ』(竹内友)
『火葬場のない町に鐘が鳴る時』(和夏弘雨・碧海景)
『甘々と稲妻』(雨隠ギド)
『鬼灯の冷徹』(江口夏実)
『カカフカカ』(石田拓実)
『セキララにキス』(芥文絵)

https://prtimes.jp/i/35885/4/resize/d35885-4-181176-2.jpg
https://prtimes.jp/i/35885/4/resize/d35885-4-327339-1.jpg

https://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00422427.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする