2017年10月28日

「魔法少女リリカルなのはViVid」完結! そして新たに「魔法少女リリカルなのは Reflection THE COMICS」が連載開始!

1: ほしな ★ 2017/10/26(木) 13:02:56.95 ID:CAP_USER.net

都築真紀原作・藤真拓哉作画「魔法少女リリカルなのはViVid」が、本日10月26日発売の月刊コンプエース12月号(KADOKAWA)にて最終回を迎えた。

同作は「魔法少女リリカルなのは」のシリーズ作品で、高町なのはの養女・ヴィヴィオを主人公にした物語。2015年にはテレビアニメ化されている。完結を記念して今号には、これまでに表紙を飾った同作の歴代イラストを集めた小冊子が付属。また12月26日には単行本最終20巻が刊行され、同日発売の月刊コンプエース2018年2月号からは都築・藤真タッグによる新連載「魔法少女リリカルなのは Reflection THE COMICS」もスタートする。

http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1710/1026/extra/news_large_compace1712.jpg
http://natalie.mu/comic/news/254219


続きを読む


posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」CD化! 前田真宏がジャケット描き下ろし

1: ほしな ★ 2017/10/22(日) 09:45:53.55 ID:CAP_USER.net

3月22日、23日に東京・Bunkamura オーチャードホールにて行われたコンサート「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」の音源がCD化され、12月27日に発売される。

同コンサートは、庵野秀明が総監督を務めた「シン・ゴジラ」、鷺巣詩郎と伊福部昭によるCDアルバム「シン・ゴジラ音楽集」のヒットを記念し、コラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」の一環として行われたもの。庵野がエグゼクティブプロデューサー、鷺巣が作曲・編曲・総監督を担当し、「ゴジラのテーマ」や「宇宙大戦争」、「EM20」シリーズ、「THE BEAST」などが東京フィルハーモニー交響楽団と新国立劇場合唱団によって演奏された。

「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」初回限定盤ジャケット
「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」初回限定盤ジャケット
CDは2枚組で総尺は約120分。MCパートを除く約20曲が収録される。また同日に発売される初回限定盤には、「シン・ゴジラ」のコンセプトデザインを手がけた前田真宏が描き下ろしたジャケットを使用。ゴジラとエヴァンゲリオン初号機との“夢の対決”が切り取られている。

http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1021/extra/news_large_gve_20171021_01.jpg
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1021/extra/news_large_gve_20171021_02.jpg
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1021/extra/news_large_gve_20171021_03.jpg
http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1710/1021/extra/news_large_Sagisu_201710.jpg
http://natalie.mu/eiga/news/253601


続きを読む
posted by まだおっち at 13:31 | Comment(0) | エヴァンゲリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月27日

アニメ産業 市場規模 初めて2兆円超え

1: ノチラ ★ 2017/10/24(火) 15:41:35.12 ID:CAP_USER.net

テレビや映画、海外展開といったアニメ産業の市場規模が去年初めて2兆円を超えたことがわかりました。調査を行っている業界団体は海外でのアニメブームや楽しみ方の多角化が市場規模の拡大につながっていると分析しています。
アニメーションの制作会社などで作る日本動画協会は国内にある制作会社およそ100社を対象に、テレビや映画、動画配信、海外展開など9つの項目ごとに売り上げを算出し、毎年、アニメ産業に関する市場規模の調査結果をまとめています。

それによりますと市場規模は年々拡大し、去年はおととしを1800億円ほど上回って2兆9億円となり、平成14年から続けている調査の中で初めて2兆円を突破しました。

このうち海外での映画の上映やDVDの販売などが7676億円と最も多く、次いでキャラクターグッズの売り上げなどが5627億円となっています。

2兆円を突破した主な要因としては海外での日本アニメブームや声優のライブやイベントなど楽しみ方の多角化、それに映画「君の名は」などのヒットが挙げられるということです。

日本動画協会事業委員会の増田弘道副委員長は「アニメを楽しんでもらうビジネスの手法が確立されてきていることが、大きな市場につながってきている。海外での売り上げを考えると、市場規模はまだまだ拡大する可能性がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171024/k10011195241000.html


続きを読む
posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。