2018年06月26日

井上喜久子“17歳教”のルールと入団条件明かす「ドモホルンリンクルが気になりだしたら」

1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/06/09(土) 20:14:04.09 ID:CAP_USER.net

2018-06-09 20:09
拡大写真
アニメ映画『曇天に笑う<外伝>〜宿命、双頭の風魔〜』初日舞台あいさつに登壇した(左から)津田健次郎、櫻井孝宏、遊佐浩二、井上喜久子 (C)ORICON NewS inc.


 声優の井上喜久子が9日、都内で行われたアニメ映画『曇天に笑う<外伝>〜宿命、双頭の風魔〜』初日舞台あいさつに櫻井孝宏、遊佐浩二、津田健次郎とともに出席。
「出身地を聞かれたら『お花畑』と答える」「入団条件はドモホルンリンクルが気になりだしたら」と、“17歳教”のルールや入団基準を明かした。

【写真】その他の写真を見る

 “17歳教”とは、井上が代表を務める団体で、入団すれば実年齢に関わらず17歳に固定されるというもの。
イベントなどであいさつをする時は、「井上喜久子17歳です」がお決まりで、キャストや観客から「おいおい!」というツッコミが入るまでが定番となっている。

 この日は、観客が悲しい物語を観たあとの舞台あいさつで、静かな会場を観て井上は「作品がとても悲しい世界の中でこれをやるのは心苦しいのですが…」と前振りを入れつつ
「井上喜久子、17歳ですっ!」とあいさつ。その後、櫻井、遊佐、津田、観客も含めて「おい、おい!」とツッコミが入り、“17歳教”の浸透ぶりが改めて確認された。

 同作は、櫻井が演じる白子の“風魔一族”の物語で、一族の宿命が描かれている作品。それにちなみ、自身の「掟」や「儀式」などのルールを聞かれた井上が
「17歳教という忍びの世界の長をやっている」と言うと、櫻井から「全然、忍んでない。前に出てくる」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。
さらに井上は「出身地を聞かれたら、『お花畑です』と答えると決めている。けど、誰も聞いてこない」と“17歳教”のルールを暴露し、お花畑は「千葉の辺にあります」と明かした。

 “17歳教”の入団条件について、井上は「歳を取らないと入れない。基準はドモホルンリンクルが気になりだしたら」と発言。
男性の入団がダメな理由が「甘酸っぱい感じで行きたい」と言うと、櫻井は「僕は甘しょっぱい! ただ酸っぱい」と珍回答していた。


https://www.oricon.co.jp/news/2113228/full/
(最終更新:2018-06-09 20:09)


続きを読む


posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」大西沙織、安田陸矢出演で10月より放送 月刊少年ガンガン連載

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/12(火) 13:11:14.74 ID:CAP_USER.net

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」大西沙織、安田陸矢出演で10月より放送
2018年6月12日 10:00 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/286250

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」キービジュアル第1弾
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0611/beruzebubuvisual_fixw_640_hq.jpg

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」ティザーPVより。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0611/beruzebubupv01_fixw_640_hq.jpg

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0611/beruzebubupv02_fixw_640_hq.jpg

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0611/beruzebubupv03_fixw_640_hq.jpg

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」7巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0611/beruzebubu7_fixw_640_hq.jpg

TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」PV │ 2018年10月より放送開始予定!
https://youtu.be/5NncPzh57MI



matoba原作によるテレビアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」の放送開始時期が10月に決定。
合わせてベルゼブブ役を大西沙織、ミュリン役を安田陸矢が演じることも発表された。

ベルゼブブは悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)の主。一方ミュリンはベルゼブブに近侍として仕えることになった新人職員だ。
ベルゼブブとミュリンを描いたキービジュアル第1弾と、ティザーPVも公開されている。

このほか監督を「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の和ト湊、アニメーション制作をライデンフィルムが担当することも明らかに。
アニメ化に際しmatobaは「『あると嬉しい、気軽に楽しめて癒されるおやつ的存在の漫画でいたい』という原作の意図を汲んで頂き、お菓子とモフみマシマシでとっても可愛いアニメになりそうです」とコメントを寄せた。

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」は、モフモフしたものをこよなく愛する大悪魔・ベルゼブブと、彼女に近侍として仕えるミュリンを中心とした魔界の日常コメディ。
月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載されている。

■アニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」

◆スタッフ
原作:matoba(月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督:和ト湊
シリーズ構成・脚本:冨田頼子
キャラクターデザイン:住本悦子
音楽:分島花音、千葉“naotyu-”直樹
音響監督:本山哲
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「ベルまま。」製作委員会

◆キャスト
ベルゼブブ:大西沙織
ミュリン:安田陸矢 ほか

■matobaコメント

最初アニメ化のお話を伺った時は「自分はアニメ素人だし一視聴者として放送を楽しみに待とう…」などと思っていたのですが、アニメ制作サイドの皆さんが優しすぎて最初から私もちょこちょこ参加させて頂いてしまいました。
「あると嬉しい、気軽に楽しめて癒されるおやつ的存在の漫画でいたい」という原作の意図を汲んで頂き、お菓子とモフみマシマシでとっても可愛いアニメになりそうです。ふわふわくるくる動いて喋るみんなを楽しみにして頂けますと幸いです。
先日PVの収録にお邪魔させて頂いたのですが、大西さんのほんわか可愛い上品なベルと、純情でかっこ可愛い安田さんのミュリンの本編での掛け合いが今からとても楽しみです!

■和ト湊監督コメント

実家のわんこが柴犬で、くるっと丸まったしっぽの中にひとさし指をそっとさし入れて、その何とも言えない感触を楽しむためだけに帰省する派なので、ケサパサをはじめとしてモフみにあふれている『ベルまま。』はとてもすてきです。
かわいらしい悪魔たちとモフみ、大好きなお菓子といっしょに「んふふ」とお楽しみいただけたらうれしいです。


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハム太郎」公式Twitterに心配の声 「ちょっと出かけてくるのだ」と言い残したまま音信不通に

1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/06/11(月) 18:26:07.35 ID:CAP_USER.net

2018年06月11日 18時00分 公開
「ハム太郎」公式Twitterに心配の声 「ちょっと出かけてくるのだ」と言い残したまま音信不通に
担当者「思ったより旅が長引いてしまった結果だと思う」
[大原絵理香,ねとらぼ]

 「とっとこハム太郎」の公式Twitter(@tottokohamutaro)に、ファンから安否を気遣う声があがっています。最後に投稿があったのは、2017年8月8日の「ちょっと出かけてくるのだ。またね! なのだ」というツイート。
しかし、この日を境にハム太郎からの音信は途絶え、1年近くにもわたって更新がない状態が続いています。い、一体どこへ……!?

 それまでは、「いっぱい寝てすっきりなのだ!」や「ボクたち今から公園に遊びに行くのだ」などの日常の報告や、『とっとこハム太郎』の告知などを毎日1回以上はツイートしていたのに、この日の書き込みを最後にそのまま音信不通に。
「ちょっと出かけてくるのだ」という言い方も、今にしてみれば妙に不穏……。ネット上では「ハム太郎いつ帰ってくるの」「みんなすごく心配しています」などの声が寄せられています。

 果たしてハム太郎は今どこでどうしているのか、そして元気なのか。「とっとこハム太郎」のWebサイトリニューアルを担当している、小学館の水野隆さんにお話を伺いました。




―― 今回のこの騒動はご存じでしたか。

水野さん:みなさんにご心配おかけしておりまして、すみません。もちろん今回お騒がせしているのは、知っていました。担当者であるわたしも、
ハム太郎のことは心配ではありますが、ハム太郎はこれまでもヒマワリのタネを探して旅に出たりしていますので、実は初めてのことではないんです。

―― ハム太郎は今元気でやっているのでしょうか……?

水野さん:元気でいることは分かっています! ハム太郎からは、どこかのタイミングで何らかの写真を送ってもらうことにはなっているのですが、こちらも待っている状態です。

―― いつごろ戻ってくるかなどは分かりますか?

水野さん:8月6日はハム太郎の誕生日、また、『とっとこハム太郎』の公式サイトが近日リニューアル予定なので、多分そろそろ帰ってきてくれるんじゃないかな、と思っています。

―― 最後のツイートが妙に不穏なのですが、これはたまたま?

水野さん:偶然だと思います。ハム太郎自身も停止するつもりはなく、思ったより旅が長引いてしまった結果だと思います。



 どうやら思ったよりも旅が長引いてしまった結果、更新が止まってしまっているというのが現状のようです。ただ、水野さんによれば
「多分そろそろ帰ってきてくれるんじゃないかな」とのこと。恐らくもう少しでまた元気な姿が見られるはずなので、その時はみんなで温かく迎え入れてあげてくださいね。



ハム太郎、早く帰ってきて……!(画像提供:小学館)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/07/news111.html
Copyright c ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。