2018年08月31日

安済知佳さん&榎木淳弥さん、ラジオで重大発表! ファン「結婚か!?」と思いきや...

1: しじみ ★ 2018/08/23(木) 11:14:11.07 ID:CAP_USER.net

8月20日、『響け!ユーフォニアム』高坂麗奈役などで知られる安済知佳さんが、8月21日配信の冠番組『安済知佳 いちかばちか』内で“発表ごと”があることをSNSで告知しました。
その回のゲストは、『アイドルマスター SideM』舞田類役などで知られ、放送中の『ぐらんぶる』をはじめ最近様々な作品で共演している声優・榎木淳弥さん。安済さんの予告に対して、ファンからは「結婚ですか?」「結婚すんの?」などと声が上がっていましたが、その発表とは意外なことでした。

安済さんの“発表ごと”は、公式Twitterと『安済知佳 いちかばちか』番組Instagramにて予告。
「ゲストとして榎木淳弥さんがいらっしゃいます!最近様々な作品で共演している2人。もう収録終わっているので、メールは間に合いませんが是非お聴きください!何やら発表ごともあるようで・・・」という文面、そして榎木さんらしき人物のピースサインと照れた表情を浮かべる安済さんの写真が公開に。
これを見たファンからは「彼女感出てる写真だ。。。」「結婚ですか?いいぞいいぞ」「お二人とも結婚おめでとう!」などのコメントが続々。

そして注目の21日、満を持して発表されたのは“榎木さんと安済さんが従兄妹である”というもの。
安済さんはラジオの配信中、Twitterに「発表されたかな!ふふふふふふ(笑)」「親族トーク楽しんでいただけましたか!榎木淳弥さんと私安済知佳が従兄妹という発表をさせてもらいました」と改めてネタばらしを行いました。

“発表ごと”が明かされた後のTwitterには、「結婚かな!!って思ったらいとこかーいW」「いとこ同士なのかよwww」「結婚匂わせにやられた!!」と“釣られた”ファンの投稿が相次いだほか、安済さん宛てに「めちゃくちゃ笑ったし和みました」「衝撃でしたw」「距離感はさすがに従兄妹ってかんじでしたね」「親族トーク面白かったですよー!!」といったコメントも。
また、声優・小松未可子さんもラジオのハッシュタグ「#ちかちか」を付けて、「ヒューヒュー!!」「2人ともそっくりやないか」と反応しています。

ラジオの配信後には、当の榎木さんも「従兄妹の安済知佳のラジオに出させてもらいました!みなさん安済のこと宜しくお願いします」とツイート。安済さんも「またゲストきてね!!」と発言しており、今後の共演が楽しみな従兄妹声優となっていきそうです

https://sukini164.com/wp-content/uploads/2018/08/%E3%B9%E3%AF%E3%AA%E3%BC%E3%B3%E3%B7%E3%A7%E3%83%E3%88-2018-08-21-23.57.07.png">https://sukini164.com/wp-content/uploads/2018/08/%E3%B9%E3%AF%E3%AA%E3%BC%E3%B3%E3%B7%E3%A7%E3%83%E3%88-2018-08-21-23.57.07.png
https://animeanime.jp/imgs/p/jtKDOVlKAvjRrNw8SXAVejagI61Nrq_oqaqr/157329.jpg">https://animeanime.jp/imgs/p/jtKDOVlKAvjRrNw8SXAVejagI61Nrq_oqaqr/157329.jpg
https://instagram.com/p/Bmr1DcRBBY-/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
https://twitter.com/mikakokomatsu/status/1031874280970022912
https://twitter.com/Anchika_manager/status/1031937758657314816
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


続きを読む


posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小西明日翔「来世は他人がいい」次にくるマンガ大賞コミックス部門の1位を獲得 アフタヌーン連載

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/08/23(木) 17:38:28.39 ID:CAP_USER.net

小西明日翔「来世は他人がいい」次にくるマンガ大賞コミックス部門の1位を獲得
2018年8月23日 14:15 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/296577

ダ・ヴィンチ(KADOKAWA)とniconicoによる「次にくるマンガ大賞 2018」の結果が発表され、コミックス部門の1位には、小西明日翔「来世は他人がいい」が選ばれた。

「来世は他人がいい」は、極道の家で生まれ育った女子高生・染井吉乃と、その婚約者・深山霧島を描く物語。本作は小西が鉄男名義でpixivに発表していた作品をベースに、2017年8月より月刊アフタヌーン(講談社)にて連載中で、単行本は2巻まで刊行されている。

また2位には稲垣理一郎原作によるBoichi「Dr.STONE」、3位にはかんばまゆこ「錦田警部はどろぼうがお好き」が選出された。

「次にくるマンガ大賞」は、これからのブレイクが予想される作品を発掘し紹介するという趣旨で2014年に創設された賞。商業作品で単行本が5巻以内のタイトルを対象とした「コミックス部門」、Webをメイン媒体として連載されるオリジナル作品から選ぶ「Webマンガ部門」の2枠が用意されており、一般ユーザーからの投票で大賞が決定する。
なおWebマンガ部門の1位には、しろまんた「先輩がうざい後輩の話」が輝いた。


「来世は他人がいい」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2017/1122/raisehataningaii01_fixw_640_hq.jpg">https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2017/1122/raisehataningaii01_fixw_640_hq.jpg

「Dr.STONE」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2017/0704/drstone1_fixw_640_hq.jpg">https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2017/0704/drstone1_fixw_640_hq.jpg

「錦田警部はどろぼうがお好き」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0823/nishikidakeibu01_fixw_640_hq.jpg">https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0823/nishikidakeibu01_fixw_640_hq.jpg

「先輩がうざい後輩の話」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0823/senpaigauzai_fixw_640_hq.jpg">https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0823/senpaigauzai_fixw_640_hq.jpg

「次にくるマンガ大賞2018」結果
https://natalie.mu/comic/news/296575

──────────────────

◆コミックス部門
1位:小西明日翔「来世は他人がいい」
2位:稲垣理一郎、Boichi「Dr.STONE」
3位:かんばまゆこ「錦田警部はどろぼうがお好き」
4位:さもえど太郎「Artiste」
5位:マツキタツヤ、宇佐崎しろ「アクタージュ act-age」
6位:芥見下々「呪術廻戦」
7位:雨瀬シオリ「ここは今から倫理です。」
8位:春場ねぎ「五等分の花嫁」
9位:ビリー「シネマこんぷれっくす!」
10位:萩埜まこと「熱帯魚は雪に焦がれる」
11位:長門知大「将来的に死んでくれ」
12位:猪ノ谷言葉「ランウェイで笑って」
13位:藍本松「怪物事変」
14位:椎名うみ「青野くんに触りたいから死にたい」
15位:山口つばさ「ブルーピリオド」
16位:五十嵐正邦「川柳少女」
17位:未幡「私の百合はお仕事です!」
18位:五十嵐正邦「まったく最近の探偵ときたら」
19位:相田裕「1518! イチゴーイチハチ!」
20位:森山絵凪「この愛は、異端。」

◆Webマンガ部門
1位:しろまんた「先輩がうざい後輩の話」
2位:桜井海「おじさまと猫」
3位:おおのこうすけ「極主夫道」
4位:小林ロク「ぶっカフェ!」
5位:ねことうふ「お兄ちゃんはおしまい!」
6位:久世岳「トリマニア」
7位:バコハジメ「血と灰の女王」
8位:小花オト「翼くんはあかぬけたいのに」
9位:にとりささみ「ふしぎねこのきゅーちゃん」
10位:丈「宇崎ちゃんは遊びたい!」
11位:賀来ゆうじ「地獄楽」
12位:橘オレコ「プロミス・シンデレラ」
13位:吉谷光平「今どきの若いモンは」
14位:藤のよう「せんせいのお人形」
15位:yoruhashi「剣の王国」
16位:鳩胸つるん「剥き出しの白鳥」
17位:リムコロ「世話やきキツネの仙狐さん」
18位:鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」
19位:紺吉「男子高校生が魔法少女になる話」
20位:厳男子「ムラサキ」


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ制作企業の業績回復 一方で埋まらない格差も 帝国データバンク調べ

1: しじみ ★ 2018/08/23(木) 18:32:35.64 ID:CAP_USER.net

帝国データバンクがこのほど発表したアニメ制作企業の経営実態の調査結果によると、2017年(1月〜12月期決算)の収入高合計は2037億2100万円(前年比+8.2%増)と、初めて2000億円を突破し、過去最高だった。業績に回復の兆しが見えてきた一方で、制作の態様別で格差が生じている実態が浮き彫りとなった。


増収だった企業は39.6%と、3年ぶりに前年(37.3%)を上回った。増益だった企業も54.9%と、3年ぶりに半数を超えた。採算性の高いライセンス収入の増加などが寄与したようだ。

 一方で、下請けとなる専門スタジオでは平均収入高が低水準で推移。制作態様によって格差が生じている。

 受注単価の低迷やヒット作に恵まれない、アニメーターなどの人員不足による受注抑制などといった要因から減収だった企業は23.7%、減益だった企業は36.9%だった。

 また、17年の倒産・休廃業・解散件数は、倒産が4件、休廃業・解散が2件、計6件と、2000年以降で3番目に多かった。受注低迷や請負単価の低下、資金繰り悪化、人材不足などが主な要因だったという。

 18年に入ってからは3社が倒産したほか、「いなり、こんこん、恋いろは。」などを手掛けたプロダクションアイムズ(東京都練馬区)が債務整理を行う事態となっている。

 調査は2018年7月時点の255社を対象としたデータの集計・分析を基に実施した。


■アニメ制作企業の収入高合計推移
http://jump.5ch.net/?http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_01.jpg">http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_01.jpg
■アニメ制作企業の平均収入高推移
http://jump.5ch.net/?http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_02.jpg">http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_02.jpg
■収入高・損益動向
http://jump.5ch.net/?http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_03.jpg">http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_03.jpg
■アニメ制作企業の倒産・休廃業・解散件数推移
http://jump.5ch.net/?http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_04.jpg">http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/an_anime_04.jpg

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/22/news089.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。