2018年11月22日

<キャプテン翼の葛飾にJクラブを作る夢と現実> 南葛SCの関東2部昇格に向けた挑戦は来季へ

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 15:58:54.28 ID:CAP_USER9.net

忘れもしない光景がある。

筆者はサッカーチームのFC町田ゼルビアに所属し、関東2部リーグへの昇格を目指していた。元Jリーガーも複数人が加入し、それぞれの仕事を終えてから深夜まで物凄い熱量で練習を重ね、昇格を疑わなかった。

2004年11月に開催された「第38回関東社会人サッカー大会」で佐川急便埼玉に敗れ、まさかの1回戦敗退。応援に来てくれたサポーターの前で皆で泣き崩れた光景はいまだに忘れられない。熱量でいえば、Jリーグの昇格争いにも引けをとらない、どこのチームも昇格に向けて魂を込めて戦う本当に難しい大会だと思っている。

10月末、葛飾区からJリーグクラブの誕生を目指す南葛SCについて取り上げた。『福西崇史も参戦!南葛SCの負けられない戦い(2018年10月30日配信)』。

今回は後編として南葛SCが今年の「第52回関東社会人サッカー大会」に挑んだ様子をお届けする。

11月3日。南葛SCが戦う初戦の舞台である東京都の清瀬内山運動公園に足を運んだ。驚くことに清瀬駅から30分毎にグラウンドまでの無料シャトルバスが出ている。11時キックオフの試合に備え乗り込んだ10時のバスは満員だった。南葛SC効果だろう。

初戦の相手は埼玉県5位の与野蹴魂会。サッカー元日本代表の福西や小針清允が復帰するということもありグラウンドの周りを観客が囲んだ。そこで思わぬ再会があった。与野のキャプテンで背番号10の内田剛(40歳)だ。

10年以上前に飯能のチームで共にボールを追った筆者の先輩だった。「南葛が勝つと思っている人が多いけれど勝つのはうちだから」力強い握手と共にそう言い放った。

その言葉通り前半は与野ペース。内田をはじめとした与野の選手たちの声がグラウンドに響く。一方の南葛は心配になるほどおとなしい。そんななか、前半の終盤に少ないチャンスを活かし南葛が1点を先制した。

■練習時には和気あいあいとしたムードだった南葛SC

11月1日、大会前最後の練習に足を運んだ。セットプレーの確認が中心で最後にリラックスした状態でのミニゲームをしていた。セットプレーの練習では修正点を選手たちが指摘し合い、最後のゲームでは笑顔があふれていた。コミュニケーションが取れており順調な仕上がりに見えた。

練習後に昨年までJ3のカターレ富山でプレーし、今年の東京都リーグで得点王となったカベッサに話を聞いた。

「得点王を取れたのはチームメイトのおかげです。特に同じブラジル人のレオジーニョとデイビッソンには私生活でも助けてもらっています」

カベッサは練習に対する姿勢や周囲への気遣いなども厚い勤勉な選手である。Jリーグから東京都リーグへカテゴリーも下がり、練習日も少なくなったなか、前向きにやれているモチベーションの源を尋ねた。

「Jリーグで結果を出せなかったので、まだ日本でプレーしたい気持ちがありました。

チームメイトが僕を100%信頼してくれるので、僕もその信頼に応えられるように100%出すことを意識していますし、今年ここに来たのはチームを昇格させるためなので、それがモチベーションになっています。

社会人リーグの特徴として、みんな仕事をしてから時間を作って練習に来ています。そこですごくいいプレーをしていることが僕にとっては刺激になるし、モチベーションになっています」

話を3日の与野蹴魂会戦に戻そう。

先発出場した福西は後半15分に交代した。

派手なプレーはなかったものの声を出してチームのバランスを図っていた。冷静に考えれば、ワールドカップに2大会出場した選手が、このピッチにいることはものすごいことだ。一緒にプレーしているチームメイトはなおさらだろう。

つづく

東洋経済オンライン2018年11月20日12時40分
https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20181120_249330/




2: Egg ★ 2018/11/20(火) 15:59:12.18 ID:CAP_USER9.net

■福西さんからガチで学んでくれ

「福西さんの契約を発表した時にどよめきはありました。GMとして全員と1対1で個人面談もしていますが、そこで意図なども説明して、こんなレベルの人とガチでやれることはないので、そこも含めて学んでくれと伝えました」(岩本義弘GM)

全員と個人面談をしているという話に驚いた。そんなにもGMが選手とコミュニケーションを取っているケースはほとんどないからだ。

「みんな働いているので、個人面談の調整が大変で20人以上、それぞれの会社の近くや家の近くに行き面談をしています。チームのこと、仕事のこと、今後のことなどを約1時間、人によっては2時間前後、話します」

忙しいなか、なぜそんなにもコミュニケーションを取ることに時間を充てているのだろうか。

「フロントと現場(監督・コーチ・選手)の距離が遠いクラブはうまくいっていないのを、20年以上、指導者や選手・チーム関係者に取材してきて知りました。

さらに、トップのマネジメントの人たちにも話を聞く機会が多かったので、海外のサッカーも含めて、どういうものがいいのかは知識としてはあります。

指導者経験はないのでテクニックは教えられないですが、マネジメントに関してはある程度の知識と自信があるので高橋陽一先生もGMのオファーをしてくれたんだと思います」

岩本氏はGM業で給料をもらっているわけではなく、むしろ持ち出しも多いとのことだ。高橋先生が本気でJリーグを目指している情熱を感じて、一緒にやっていく覚悟をしたという。

後半にカベッサが得点を挙げて2−0で与野蹴魂会を破り、翌11月4日に行われる2回戦に進んだ南葛SC。前半に与野蹴魂会に訪れたビッグチャンスを決められていたら試合はどちらに転んでいたかわからない、そんな試合であった。

しかし、大きな期待を背負った11月4日の試合で南葛SCは東邦チタニウムに0−1で敗れこの大会から敗退した。

また来年も東京都1部リーグを戦うことになった。

敗戦から2週間が経ち、現在の気持ちを高橋先生と岩本GMから聞いた。

「負けた直後は、そこまででもなかったですが、家に帰る車の中では、自分で思っていた以上にショックを受けてるのに気づきましたね。

今でも、ふとした時に、負けた瞬間のことを思い出します。やっぱり、甘くなかったです。これから先は切り替えて、前を向いてやっていくだけですね」と、高橋先生は話す。

「負けた直後はさすがに堪えましたが、負けた瞬間から来季に向けて動き出すのが自分の仕事です。今はもうその準備で頭がいっぱいですね。スポンサーセールス、練習場の確保、株式会社の設立、スタジアム建設に向けたさまざまな動きなど、やらなければいけないことはたくさんあります。

将来のJリーグ入りを目指して、一歩一歩積み上げていかなければいけない状況は何も変わってませんから、僕らはブレずにやるべきことをやっていくだけです」(岩本GM)

つづく


4: Egg ★ 2018/11/20(火) 15:59:37.87 ID:CAP_USER9.net

■南葛SCの将来の夢とは何か
将来のJリーグ入りを見据えているなか、本拠地となるスタジアムの建設構想を葛飾区と相談しながら進めている。

「今話題になっている代々木公園にスタジアムを作る構想よりも先に南葛SCが葛飾区にスタジアムを作ってやろうという高いテンションを持ちながらやっています。

東京23区内に、ちゃんと利益を上げられる“プロフィットセンターとしてのスタジアム”というモデルケースを作りたいんです」(岩本GM)

葛飾区からのバックアップもある。東東京の下町にJリーグクラブをつくりたいという熱も高い。高橋先生以外にも、漫画家は秋本治先生(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)や平松伸二先生(『ドーベルマン刑事』や『ブラック・エンジェルズ』など)といった大御所が葛飾区にいる。葛飾区としてもスポーツと漫画を含めた文化を大切にするという方針だそうだ。

まずは関東2部リーグに昇格するという目先の目標はあるが、南葛SCの将来の夢はどのようなものなのか。

「いろいろなクラブの形があって、南葛SCには世界的にも有名な『キャプテン翼』というキャラクターがいます。イニエスタもフェルナンド・トーレスも『キャプテン翼』が大好きでサッカーにのめり込んだという幼少期があり、翼を通して日本というイメージがあったのだと思います。実際、高橋先生が絵をプレゼントしたら、2人ともすごく喜んでくれました。

普通のクラブはスポンサー収入、チケット収入、放映権料、マーチャンダイジングの4つの収益に支えられますが、我々はそれ以外のところで『キャプテン翼』というものとコラボして、日本だけではなく世界中に対して働きかけられる大きな可能性のあるクラブだと思っています。

上のカテゴリーに上がった時には日本の中だけではなくグローバルにアジア、世界に出ていくクラブにしていきたい。

今年から、新たにリメイクした『キャプテン翼』のアニメも世界中で放映され始めていて、世界中に『キャプテン翼』のファンをさらに増やせるはずなので、そういう子供たちも含めて、『キャプテン翼』で育った選手を世界中から獲得できるようなクラブになるのが夢なんです」(岩本GM)

南葛SCの挑戦はまだまだ始まったばかりだ。


>>4
>南葛SCの挑戦はまだまだ始まったばかりだ。


打ち切り漫画の最後のコメントかよ


7: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:02:09.34 ID:RzClidU70.net

イニエスタ呼べよ


8: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:02:39.67 ID:OiYz+3Oq0.net

ロベルト本郷ヘッドコーチ


9: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:05:03.05 ID:D40h0VN70.net

南葛って翼以外大友以下の選手ばっかりだったな


11: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:05:46.26 ID:Ekqkr5m50.net

ナンカツって南葛飾だったのかよ!?


>>11
同意


13: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:05:51.60 ID:qaBH/bKH0.net

静岡の許可は取ったのですか(・ω・`)


14: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:06:31.24 ID:Dyzx27B00.net

葛飾は両さんのイメージの方が強いがw


15: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:06:31.37 ID:KyjUfs3X0.net

調べてみたら葛飾区だけで人口44万人いるのか
町田市とだいたい同じくらいか


17: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:08:24.36 ID:zz9NovHx0.net

> 南葛SCの挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

高橋洋一先生の次回作にご期待ください!


18: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:08:50.63 ID:xgpXa5Qn0.net

Jリーグ凄い


19: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:08:51.55 ID:+4DcnPra0.net

どんなに上手かろうが遊び感覚のやつが数人混じったらサッカーは負けるよ


20: 名無しさん@恐縮です 2018/11/20(火) 16:08:52.31 ID:UJSEprVsO.net

もちろん早苗ちゃんがいて応援してくれるんだろ?




posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | キャプテン翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。