2018年12月13日

大友克洋「近ごろのマンガは人物がどこで何をやっているかが分からないものが多い」

1: 名無し募集中。。。 2018/12/12(水) 17:24:42.75 0.net

 「手塚治虫作品も石ノ森章太郎作品も読み直した。
手塚作品は展開が速くて話が遠くまで行くんですよ。
アニメっぽい、ディズニーっぽい人物たちが突拍子もないことをしながらどんどん進んでいく。
それは僕にはテンポが速過ぎた。
一番テンポが合ったのが、ちばてつや作品だったんです。
ある日、吉祥寺のそば屋で手に取ったビッグをめくっていて『のたり松太郎』を読んだ。
これだ!見付けた!と。
歩き方のスピードがちょうど同じ感じがする。
これがいいんじゃねえかと、ちば作品を随分と勉強しましたね」

ちばさんのマンガを「何より、フレーミングが素晴らしいよね。
きちんとした背景の中にきちんと人物がいるんです。
分かりやすく描いている。
近ごろのマンガを読むと、人物がどこで何をやっているかが分からないものが多い。
カッコいい絵なんだけど、人物に寄り過ぎていて、読者の読みやすさのことを考えてないよね。
ちばさんは、ちゃんと引いて描いている。
客観性を入れると世界は広くなるし、話は面白くなるんですけどね」と分析する。

https://news.mynavi.jp/article/20181110-721990/


続きを読む


posted by まだおっち at 22:00 | Comment(0) | 漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月11日

いしかわじゅん「才能ないからあきらめたほうがいい」→そう言われた人がジャンプに連載を持つ

1: 名無し募集中。。。 2018/12/06(木) 06:24:18.39 0.net

どんなに漫画の知識があっても才能あるかどうかはわからないと思うけどなあ
勉強、練習、訓練で才能は出来上がるもんだし
その人がどれだけやるかは誰にも予測できないんだから
これはいしかわじゅんの傲慢


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | 漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年11月26日

あの超人気漫画家が小指骨折で連載休止!各方面に多大なる影響

1: 47の素敵な 2018/11/20(火) 18:42:43.69 .net

漫画家でタレントの蛭子能収(71)が16日、テレビのロケ中、つまずいて転び、右手小指を骨折していたことが20日、分かった。所属事務所によると、全治2カ月の見込みと診断されたが、ギプスがとれ、痛みがなくなり次第、漫画家としての仕事を再開するという。

 蛭子は16日午前、テレビ東京「土曜スペシャル 太川・蛭子のローカル鉄道寄り道の旅2」(12月8日放送予定)の撮影で歩いていたところ、つまずいて転倒。とっさに体を支えようとした際に右手小指を骨折した。

 転倒した際、スタッフが心配して駆け付けたが、蛭子は「大丈夫」と話し、そのまま撮影を続行。同日夜、帰京後に夜間診療のある病院に行き、17日、あらためて整形外科の診察を受けたところ、右手小指の基節骨骨折と診断された。

 現在、患部を固定するためギプスをしており、漫画の連載などは休載するものの、テレビ出演などの仕事は支障がない限り続ける。関係者によると、蛭子は「ご迷惑、ご心配をおかけしてすみません」と話しているという。

 「−ローカル鉄道寄り道の旅」は大好評だった路線バスシリーズに続く第2弾。9月8日に第1回が放送された。

2018年11月20日 17時30分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15623815/


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。